エコなオフィスサプライ

インキ

印刷コストを大幅に節減

レーザープリンタで印刷を行う場合は、トナーと呼ばれる微細な粉末を熱で紙の上に定着させることで、文字や画像などを表現します。このトナーはカートリッジに充填されており、通常は使いきったらカートリッジごと交換し、使用済みカートリッジは廃棄物となります。しかし最近では、使用済みカートリッジにトナーを再充填した製品も出回っています。これをリサイクルトナーといいます。リサイクルトナーはプリンタメーカーが正規に販売しているのではなく、専門業者が取り扱っています。回収〜再利用を繰り返し、1つのカートリッジを何度も使うので価格は純正品より大幅に安く、5割安〜8割安で購入できます。プリンタ使用に係るランニングコストを節減するのにとても役立つ製品です。現在、リサイクルトナーを扱っている業者は数多く存在します。業者を選ぶ際には、自分が使用しているメーカーのものを取り扱っているか、営業エリア内に入っているか、価格が他社より安いかといった点が基本的なポイントとなりますが、他にも大事なポイントがあります。それは、アフターサービスです。リサイクルトナーの品質は年々向上していますが、リサイクル品であるために不具合率は純正品に比べると高めです。また、リサイクルトナーの使用によってプリンタ側にトラブルが発生した場合、基本的にはプリンタメーカーのサポート対象外となります。こうしたことから、購入・使用に当たっては販売業者のサポート体制が重要になってきます。品質保証の有無やその期間、不具合発生時の代替品の手配といった点について、各業者のサービス内容をチェックする必要があります。

女の人

最新の無線機が低価格です

レンタルを利用すると最新のインカムが低価格で利用できます。インカムは使用する場面によって適した機種がことなりますので、取扱機種を豊富にそろえているレンタル店で使用用途に最適な機種を選ぶのがおすすめです。

電話

イニシャルコストを抑える

新規に電話を導入する、となると購入費用・納税額・保険代がかかることになる、しかしリースであればそれら3つは全て不必要である。使用料だけを支払えばビジネスホンを利用できるため、新規借り入れをする必要もなく、会社の経理に大きな影響を与えずに済むだろう。

3次元プロッタ

国内の製品は使いやすい

導入後に使い勝手の良い3dプリンターを入手するならば、海外メーカーの製品ではなく、国内メーカーの3dプリンターを選ぶのが最適です。サポート対応や修理、フィラメント交換などがよりスムーズになるため、大幅に負担を減らせます。